マスクの有無での感染症の感染予防率の変化

感染症、つまりウイルスが体に入り込んで繁殖することによって発症するような症状を防ぐための手段にはさまざまなものがあります。
その方法の中でも老若男女問わず誰にでも選ばれる方法となっているのは「マスクの着用」をおいて他にありません。
風邪やインフルエンザが流行する頃になるとマスクを着用している人は多いものですが、ここでは最近「マスクをしても感染症予防には効果が無い」と言われることも増えてきました。
その論拠としては「ウイルスは非常に小さく、マスクを貫通して入りこんでくるから」と言うことがあるのですが、これは大きな間違いです。
確かにこの「ウイルスがマスクを貫通する」ということは疑いようのない事実です。
ウイルスを完全にシャットアウトできるマスクを作ることが不可能とは言いませんが、それを一般に流通させるとなるとかなり高額になるでしょう。
ですがマスクはこうしたウイルスを通過させないことを目的にしているのではありません。
では何を目的としているのかと言うと、これは「呼気によって高温高湿の環境を口の周りに作る」ことなのです。
現在の感染症、風邪やインフルエンザに関してはそのほとんどがウイルスによって発症するものですが、ウイルスの多くは高温高湿の環境下においては活動が鈍くなります。
活動が鈍くなれば人本来の抵抗力で十分に撃退することが出来ますし、湿っている環境ではそもそもウイルスが上手く体内に定着することが出来ず、着用の有無にる予防率の変化はかなり大きくなるのです。
こうしたことが言える以上は「マスクは感染症予防において価値が無い」というのは大きな過ちです。
そもそももし本当にマスクで感染症を防ぐことが出来ないのであれば、感染症予防地域で医師がマスクを付けることは無いはずでしょう。
マスクは感染症予防において最も手軽かつ効果の高いものなのですから、乾燥した時期に出かけるのであれば是非着用してください。

■風邪よりも怖い感染症になる前に薬をチェック
ヘルペス治療はバルトレックスで
ゾビラックス200mgについて
■カンジダ症の薬を紹介しています
カンジダ
クロトリマゾール