感染症の診断結果を待ってから性行為をする

感染症に感染している可能性があるときには、検査の診断結果を待ってから性行為をするように心がけなくてはいけません。一般的に、感染症に感染している段階で性行為を行うと自身だけではなく性行為を行うパートナーの身にも危険が生じることになります。感染症の多くは一つでも感染していると他の性病にも感染しやすくなってしまう傾向にありますので、一つでも疑いがあるときにはまずその感染症を治療することを最優先に考える必要があります。その上で、安全に性行為を楽しまなくてはいけません。
では、具体的に診断をしてもらうときにはどのような準備をすれば良いのでしょうか。性病検査をしようと考える多くの人は大人になっている社会人の人です。社会人であれば平日に病院で検査を受けに行く時間が足りない人も多いので、こうした人たちは専門の検査キットを利用することが大事です。検査キットでは、唾液や血液検査、そして尿検査によって診断を行うことができるものがあります。普通のクリニックと同じでクラミジアや淋病などの一般的な性病の診断結果をみることが出来るため時間が無い人であっても十分だと言えます。診断結果に関しては郵送で書類が送られてくるものと、メールで診断結果が送られてくるものの二つがありますので郵送が都合が悪いときにはメールで閲覧できるようにしてもらいましょう。
感染症は、エイズ以外に関しては完治できるものがほとんどです。症状が進んでしまったとしてもウイルスを滅菌できるウイルスを長期的に服用すれば体内からウイルスを除去することが可能ですので、何も問題はありません。時間がかかっても病気を治療すればまた性行為を楽しむことが出来るのでリスクのない生活を送ることが大事です。